心と体

地固め療法(3回目)5月9日~5月10日

5月9日(月)

発熱から3日目。朝37.4℃。9:00頃38.4℃と今日も熱は下がらない。

いつもは抗生剤の点滴で熱は下がるのに今回は何かが違う。

午前中は抗生剤の点滴と解熱剤を飲んで眠るzzz。

14:00頃から血小板の輸血をする。

輸血中に寒気がし、歯はガチガチ、手はブルブルと異様なほど震えだしたのでナースコールした。

呼吸が安定していないので呼吸器をつけ、ステロイド(ソルコーテフ)の点滴をする。

輸血は当然、Stopした。

16:00頃の熱は38.4℃。21:00頃にはステロイド点滴のおかげで36.5℃に下がった。

5月10日(火)

朝、36.6℃と平熱。もう大丈夫!?

4日ぶりに採血があった。

白血球1.1、赤血球2.21、ヘモグロビン6.6、血小板4.3。ヘモグロビン低いので明日に赤血球の輸血をするらしい。

CRP10.59、Dダイマー9.31といずれも上がっている。

CRPは熱の影響か?Dダイマーが高いのは、体のどこかに血栓があるのか?

Dダイマーが高いのでオルガランという薬を朝、夜に投与する。

昼前にG-CSFグランという白血球を増やす薬を注射する。

(白血球数が1,100あるからあまりして欲しくなかった。)

夕方しんどかったので少し眠るzzz。貧血か?

17:00頃に熱を測ると38.1℃。また熱が出た・・・( ̄Д ̄;;

なんで???白血球も1,100もあるのに??

今回は今までの地固め療法と違う。

明日から大部屋に行くのに何で熱が上がるの?

地固め療法(3回目)5月6日~5月8日

5月6日(金)

白血球0.6、赤血球2.76、ヘモグロビン8.6、血小板3.1。

午後から血小板の輸血をする。

輸血後、眠気が・・・夕方まで眠るzzz

下痢の薬(ロペミン)を飲み始める。

5月7日 (土)

朝から熱37.4℃あった。

なんか体がだるい・・・

17:00頃には38.1℃になったので看護師さんへ熱を伝えると抗生剤(フイニバックス)の点滴開始。

解熱剤で熱は少し下がるが時間が経てば又38℃台に逆戻り。

5月8日(日)

昨日からの熱は下がらず朝37.6℃。

昨日同様に抗生剤の点滴と解熱剤で対処するが熱は38℃から37℃を行ったり来たりで下がらない。ι(´Д`υ)アセアセ

競馬しながら「しんどい」と叫ぶと妻が「競馬と体、どっちが大切なん?」と聞かれたので・・・確かにと思い無言になったが、WIN5だけ先に買った。NHKマイルは秘かに購入。結果はWIN5的中!( ̄ー ̄)ニヤリ 配当金50万8,690円。人生最高配当だった。

地固め療法(3回目)5月3日~5月5日

5月3日(火)

抗生剤(マキシピーム)の点滴は昨日で終わり、ジスロマックという抗生剤を服用する。

ジスロマックは週1回飲むようだ。

副作用は下痢、吐き気、腹痛らしい・・・(゚ー゚;

既に下痢なのに何ちゅう薬を飲ませるの(゚Д゚)ハァ?

5月4日(水)

11:00頃から血小板の輸血があった。

蕁麻疹は出なかったが手の甲が、かゆくなった。

退院したら何を食べようかと「大阪ベストガイド」を穴が開くほど熟読した。

お好み焼、鉄板焼のお店「時分時」の豚玉が食べた~いpig

かなり前から予約しないと行けないらしい。sweat02

http://r.gnavi.co.jp/k853800/(ぐるなび)

5月5日(木)

今日も祝日のため採血なし。もう白血球は800ぐらいだろうか?

貧血の症状が出ているように思う。時々、しんどくなり少し眠るzzz。

お腹は時々痛くなって便をすると下痢である。

明日は採血するだろう!?

地固め療法(3回目)5月1日~5月2日

5月1日(日)

下痢は続いているが、もう悲愴感はない。

GWで部屋から人が減っていく。今日は4人部屋が2人である。

朝から天皇賞の予想をして馬券を購入するが・・・・又、縦目!軸馬が来ない凸(`Д´メ)

17:00頃に高校の同級生のAちゃんが見舞いに来てくれた。

15年ぶりかな??

あまり変わってなかったが、お互いに「ええおっさん」に、なっていた。(;´д`)トホホ…

Aちゃん!見舞いありがとうな!移植までに又、会おうな!

5月2日(月)

白血球1.0、赤血球2.94、ヘモグロビン9.0、血小板1.2。

血小板がかなり減っていたので午後から輸血する。

輸血後の蕁麻疹は出なかった。( ̄▽ ̄)

発熱、下痢の原因判明flair

カンピロバクターという菌が血液から出てきたと・・・

そういえば、発熱前日にパン屋さんのタンドリーチキンサンドを食べた!

それが原因か!?

私は抗癌剤の影響で抵抗力がないから菌に負けたと先生から説明があった。

下痢は治ってないが便所に行く回数も減ったことだし、気長に治すことにしよう。

夕方17:00頃にクリーンルームへお引越し完了。

友達のO君が見舞いに来てくれた。O君!お見舞いありがとう。♪(o ̄∇ ̄)/

約1時間ぐらい喋っていると目の奥からだんだんと疲れが出てきた感じがした。(@Д@;

地固め療法(3回目)4月27日~4月30日

4月27日(水)

朝から微熱(37.3℃)と下痢である。

熱は測るごとに上がり、昼過ぎには39.2℃になった。

抗生剤の点滴と解熱剤を飲んで熱は15:00頃には38。1℃、17:30頃37.5℃に下がったが、今回の下痢は一日中続いた。

熱と下痢の原因は・・・?

4月28日(木)

朝、熱は37.0℃あったが午前中には下がる。抗生剤は続けて点滴。

午前中だけで10回弱は便所へ行っている。

お腹が痛い(ノд・。)

水うんちが続く・・・・・

採血の結果、白血球6.2、赤血球2.71、ヘモグロビン8.2、血小板8.3。

Dダイマーは、3.89と火曜日(8.02)よりは下がったが、まだ高い。

CRPは17.38。熱と下痢の影響か?

16:00頃、お腹の痛み止め薬を飲むが・・・・効かない。

20:00頃に主治医が様子を見に来たので痛み止めの飲み薬が効かない事を伝えた。

22;00頃、ビニール袋に入れた蒸しタオルが欲しい(お腹を温める案は妻の提案)と看護師にお願いしてお腹を温めながら一旦、眠りについた。

0;00頃にお腹の痛みで起きたので、痛み止めの点滴をしてもらう。直ぐに痛みはひいたが、その後4回ぐらいトイレで起きる。

腹痛との闘いの1日だった。

4月29日(金)

午前中は、痛み止めの点滴のおかげで痛みは消えていた。

下痢は相変わらず、止まらない。

午後からお腹がシクシクと痛みが出てきたので痛み止めの点滴(ペンタジン)をする。

昨夜は気にならなかったが点滴した後、頭が重くなり、気分も悪くなった。(@Д@;

かなり強力な痛み止めと思ったので、もう点滴をするのは止めようと思った。

痛みと共に体も止まる・・・ってsweat02

夜は痛み止めの飲み薬で対処した。

舌に若干の痛みが出てきた。

今回は粘膜系がやられている気がする。

4月30日(土)

白血球1.4、赤血球2.67、ヘモグロビン8.2、血小板3.7。

CRPは6.05と木曜より11.33下がった。

赤血球の輸血を午後からする。

お腹の痛みはなくなったが、今日も食べたら出る現象は続いた。

でも少しづつ、良くなっている気がする。( ̄ー ̄)ニヤリ

地固め療法(3回目)4月25日~4月26日

4月25日(月)

抗癌剤投与4日目。採血なし。

10:30頃から歯医者で子供の頃に治した虫歯の跡を治療した。移植時に不安材料を無くすためである。治療が昼前に終わったので昼食抜きとなった・・・・

飯抜きの間に、話題の有川 浩先生の「阪急電車」を読み始めた。

ほのぼのとした話やプライドや正義感の話が各駅ごとに繋がっていくのが面白い。

半分読んで続きは明日にした。

16:30頃、中学の時の同級生O君が見舞いに来てくれた。(/ ^^)/アリガトネ

4月26日(火)

抗癌剤投与5日目。最終日である。今日は採血があった。

白血球5.0、赤血球2.59、ヘモグロビン8.0、血小板14.2と入院した4月21日とあまり変わらなかったが、Dダイマー8.02、血中フィブリン分解産物16.90と高数値になっている。今日から朝、夜と対処の薬をするからと先生から説明されたが、何が悪いのか、いまいちピンとこなかったのでHPでも調べたがピンとこない。・・・どっかで血が固まってて治っていっているのであろう?

今日は37.1℃と微熱があり、午前中、午後と時間があったら眠っていたが、空き時間は、有川 浩先生の「阪急電車」を読んでいた。

「西宮北口、門戸厄神、甲東園、仁川、小林、宝塚」は行ったことがあるので今津線の車窓や駅前周辺が想い浮かび、西宮、宝塚、独特のお上品さも感じられた。

映画は観に行けないが、いずれDVDを借りて中谷 美紀さんの凛とした表情を鑑賞しようと思った。(実は中谷 美紀のファンである)

明日の15:00頃には抗癌剤の点滴も終わり「プチ自由」が待っている。(*゚▽゚)ノ

地固め療法(3回目)4月23日~24日まで

4月23日(土)

体重76kgになり、後6kg落とす必要があるが筋力は落としたくないので、プチ筋トレを来週からしよう。

吐き気とむかつきは相変わらずあるが薬で抑えている状況である。

先生からドナーさんの進捗状況の報告があった。再検査等で検査結果が予定よりも遅れているので5月中旬頃に検査結果が解ると骨髄バンクから連絡があったとおっしゃった。

私は半月程度は予定が狂うので地固め療法4回目はするのか?と先生にお聞きするとスケジュール的に必要になるかもしれないと回答あり。これで移植は約1ヶ月程度は遅れるが善意の「ドナーさん」あっての私なのでゆっくり、じっくり、慎重に構えて行きたいと思う。

今日は競馬は好調で15,000円ほど勝った。ヽ(´▽`)/

皐月賞はナカヤマナイト⑤1着固定から④⑦⑨⑪⑯大穴⑱に3連単勝負を今は考えています。(これは独り言です!)

4月24日(日)

便秘だったので寝る前に下剤を飲んだおかげで朝スッキリと出ました。dash

吐き気止めの点滴等のおかげで、いつも便秘になります。(;´Д`)

今日は日曜日なので採血も何もなし。(明日はあるかなぁ~)

抗癌剤は15:00過から急いで競馬までの間に用意してもらった。

皐月賞ナカヤマナイトは5着で惨敗でした。(´・ω・`)ショボーン

負けてイライラした気分を換える為、病院内の日当たりのいい待合所のソファーを探し、読みかけていた「it(それ)と呼ばれた子」(幼年期、少年期、完結編)をやっと読み終えた。この本についての私の感想は、主人公のデイヴは理由が分からないが、幼い頃から母親に想像を絶するほどの虐待を約8年間は受けていた。、学校の先生達の通報で地獄から救い出され、里親に育てられるが自分の立場がわからず、人との付き合い方も分からず、少し曲がった方向にも行くが、虐待を生き抜いた精神力で立ち直る。デイヴの家族は薄情者ばかりと思うがデイヴは何故か”家族に愛を感じている”のであろうと思った。青年になったデイヴはお父さんと一緒に暮らすことを夢見るが父さんは亡くなった。お葬式でも母親の嫌がらせは続いた。そしてパッツィと1回目の結婚をして男の子スティーブンを授かる。デイヴは子供には愛情を素直に注げたが妻のパッツイには愛しているけど”信用はできなかった”ので別居、離婚となった。又、母親の死もあった。母親が生きている時は、”決して母親を許さなかった”が昔の母親の花嫁姿の写真の表情を見てやっと”母親を許すことができた”その後、幸いにも、デイヴは良き理解者のマーシャと出会い2回目の結婚をする。これからは幸せに暮らして欲しい。又、”力なき子供達の為”と”自分自身の為”に闘って欲しいと思う。

私の幼い日もデイヴと共通点がありました。まずはデイヴが私より2つ年上ということと、私の実父はお酒を飲むと母や兄に暴力を振るうこともたびたびあって、私は壁の端で恐怖に怯えていたように記憶しています。兄は何故か私を殴りました。私が5歳の時、母は兄と私を置去りに突然、家を出ていった・・・・そして母は約半年後ぐらいに、ひょっこりと現れ父との話合いの結果(家庭裁判所で)、父と母は離婚することとなり、兄と私は母親側に引き取られた。(父を裏切った感覚を今でも覚えています。)その後、約1年間は親戚の勧めもあって祖父、祖母に預けられた。(寂しかったが気は楽だったと思う)その後、母が迎えに来たがもう新しく父親になる予定の人がいた・・・幼年の頃は”自分で何も決めれない””幼少期は両親に必ず左右される”ということをつくづく思い知った。デイヴと同じ様に私も少し青年期には曲がった道を歩んだと思います。しかし、今では養父、実母に育ててもらった事をとっても感謝している。ありがとうございました。m(_ _)m 

だから”白血病を治して”もう少し親孝行をしてみたいと思います。

地固め療法(3回目)4月22日

4月22日(金)抗癌剤投与1日目

11時過ぎからカテーテルを胸から入れると告げられる。

今までのことがあるので不安に思った。( ̄Д ̄;;

4回目で一番痛くなく又、短時間で終わった。

先生、またまた腕上げたね。smile

先生の顔が、一瞬「どや顔」になっていたような気がした。( ̄ー+ ̄)どぉや!

午前中から少し熱(37.5℃)があったのとカテーテルを入れたところの麻酔が

きれてきて痛みだしたので解熱剤&痛み止のカロナール300を2錠を飲んだら

平熱に下がった。(カテーテルを入れた所の痛みは、いつも2~3日もすれば消えていく)

14時頃から吐き気止め、赤血球の輸血、抗癌剤と色々な種類の点滴を

3つ、4つとぶら下げた。

抗癌剤はキロサイド24時間を5日間、アクラシノン30分を5日間

今日はお見舞いが多かった。

昼、綾部のおっちゃん、おばちゃん、京都のおばちゃん、おかん。

夕方、同期のT、前の職場の部下N、S、Yと計8名も来てくれた。

皆んな遠い所、また忙しい中、お見舞いありがとうございました。m(_ _)m

地固め療法(3回目)4月21日

4月21日(木)

今日から再入院で地固め療法、3回目開始である。

10:00頃、入院手続きを行い採血。

白血球6.0、赤血球2.25、ヘモグロビン7.1、血小板13.4と赤血球、ヘモグロビンが正常に

戻っていなかった。

11:00頃からルンバール(腰椎穿刺)を行った。

ルンバールとは海老のように丸くなり腰椎に針を刺し髄液を採取後、抗癌剤(キロサイト、プレドニン、メソトレキセイト)を投与する。

目的は中枢神経(脳脊髄液)の白血病細胞の有無の確認と予防及び減少である。

海老のように丸くなっていた時間は約20分ぐらいだったかな??

針を刺されたときに神経にあたり激痛が何度かあったが、その他はどうってことなかった。

ルンバール後は頭痛を避けるため、枕をとって仰向けで1時間安静にした。

その後は、抗癌剤の副作用で吐き気が続いた。(@Д@;

明日はカテーテル、赤血球の輸血、抗癌剤投与開始と予定がいっぱいである。sweat01

一時退院(3回目)4月17日~4月20日

4月17日(日)

昼間は足のリハビリを兼ねて、家の近所をぶらぶら歩いた。

木、金、土曜日に外泊等で外を歩いていたので、実は既に足が筋肉痛である。(>_<)

アーセナルvsリバプール!ロスタイムにアーセナルのセスクがエリア内で倒されPKをもらいロビン・ファン・ぺルシがPKを決めて勝負あったと思ったが・・・その直後、リバプールもPKを獲得して1-1のドローとなった。

妻はアーセナルの大ファンである。その後、機嫌が悪くなるのは当然であった。(^-^;

4月18日(月)

日曜日の寝不足が影響して朝食後に再度、13時過ぎまで眠るzzz

午後から骨髄バンクへ振込みするため銀行に行き、ついでにフレンチレストランでランチを食べる。上品な味でとっても美味しかったです。ヽ(´▽`)/

4月19日(火)

弁当を作って灰谷健次郎さんの「兎の眼」を読んで興味を持った奈良、西大寺の

善財童子の赤い目(兎の眼)を妻と見に行く。

F1000025 (西大寺 本堂)

私の想像では善財童子は単体で展示されていて大きい像と思っていたが、

実際は本堂の文殊菩薩五尊像の一つで大きさは約87cm(二尺八寸七分)

目をじーっと見ていると確かに赤く見えた。優しい目だった。

目に水晶が入っているので赤く見えると説明を受けた。

お弁当を桜の木の近くで食べた。陽射しが気持ちよかった。sun

  F1000021 (桜の木)

F1000020 (気になった木)

時間があったので次に行くお寺を検討した結果、

大和西大寺から2駅向こうの西ノ京駅にある薬師寺(世界遺産)へ向かった。

薬師寺の薬師如来様は、またの名を医王如来とも言うらしく、

身と心の病気を救ってくれる仏様でした。

この偶然を利用して絵馬なんか今までしたことがなかったが、

仏様に白血病が治るようにお願いをした。

F1000015 (大講堂)

F1000011 (東塔)

薬師寺の中は広く金堂、大講堂、東塔、西塔のある白鳳伽藍と

玄奘塔、大唐西域壁画殿がある玄奘三蔵院伽藍の2つのエリアがあります。

玄奘三蔵院伽藍の大唐西域壁画殿は、平山郁夫画伯が30年の歳月をかけて完成された

壁画が展示されていました。

この壁画は三蔵法師が中国からインドへ行く道のりを描かれたものです。

この壁画に感動し、家のトイレに飾ろうと思い絵葉書を購入した。

小雨も降ってきたのと、かなり歩いたので私の足はクタクタになっていたので

薬師寺から10分ぐらいの唐招提寺も行きたかったのですが断念して大阪へ

向かい心斎橋でシャンプーハットのてつじの「宮田麺児(つけ麺屋)」で夕食を食べました。

オリジナル麺(T2G)は美味しかったが妻が頼んだ太麺(NB50)は、いまいちでした。despair

妻はT2GとかNB50とか名前がややこしいと言って「てつじ!おもんないねん」と次の朝も

怒ってました。pout

宮田麺児のHP http://www.miyatamenji.com/

4月20日(水)

一時退院最終日。

最終日なので家でゆっくりしていましたが15:00頃から駅前の100均で買物をした後に

久しぶりにパチンコ屋に行く。

今までに1回もかけたことがなかった、北斗の拳(650回ぐらい回っている台)を打った。

シンの擬似連3回で赤字シンになり「3」で大当りhappy01。10連チャン!!ヽ(´▽`)/!!

夕飯は豪華に寿司屋に行った。(明日から当分、生もの禁止です)

俺より妻のほうが喜んでいたような気がしますが、久しぶりにお寿司を堪能しました。

明日から地固め療法(3回目)先生、看護師さんよろしくお願いします。m(_ _)m

その他のカテゴリー